セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

瞑想とわたし②

昨日の「瞑想とわたし」の続きです。


フルフィルメント瞑想に出会い、大阪という、近いところに日本で最初にフルフィルメント瞑想のを教え始めた、20年選手のベテランティーチャーが見つかって、

「この瞑想を、ベテラン先生に習えるなんて、なんてラッキー☆」

と、ワクワクして、瞑想サロン(自宅でされています)に、伺い、
最初のマントラ、「ハートを開く」ハートマントラを伝授頂いたのにもかかわらず、

週に1回も座れれば良い方でした。


本当は、もっと、瞑想したい。

だって、心も身体も、もう、へろへろ、限界。


わたしには休息が必要。


でも、睡眠障害のせいで、深い眠りが取れず、
寝ても疲れが取れない。

だからと言って、仕事の休みに、部屋でごろごろしていても、
心はくつろげない(店長をしていたので、売上などのプレッシャーから、休みの日にも出勤することもありました。家にいても、忙しいお店だったので、手伝えない罪悪感とかあって、もう、ワーカーホリックでしたね・・・)。



f0337851_1037292.jpg



そんなニッチもサッチも行かない状況だからこそ、
「自分には瞑想が必要だ。瞑想して、癒されないといけないんだ」と、強く思っていたのに・・・。



「瞑想する時間があったら、本読んで、勉強した方が自分にとって、プラスになるんじゃないだろうか」

とか、

「瞑想する時間があったら、1時間早く出勤して、仕事を一生懸命やったほうが、自分にとって良いことなんじゃないだろうか」

とか。

もう、やらない理由ばかり探していました(笑)。



今ならその理由が分かります。





瞑想をきっちりとやり始め、
自分の潜在意識に蓄積されている「カルマ(=ストレス)」が、解放されていくにしたがい、
自分の人生は、大きく変わり出したからです。

「イヤだ、イヤだ」といいながら、
そのストレスフルな環境を選んでいるのもわたし。

「イヤだ、イヤだ」といいながら、
わたしを利用したり、粗末に扱う人と縁を保っているのもわたし。


そうなんです。

頭では、
「もっと、幸せになりたい!」
「夢を叶えたい!」
「もう、こんなワーカーホリックな生き方は捨てたい!」

と、思っていても、その環境を選んで留まっているのも、「わたし」の判断なんです。


いわゆる、「不幸癖」と言いましょうか。

不幸である、粗末に扱われる、金銭的に貧しい、人間関係がストレスフル、
恋愛でうまくいかない、思ったことがうまく運ばない・・・


これが当たり前になっていて、
これが嫌だからこそ、
「キラキラ、ハートフル!!そんな人生がうらやましい!わたしもそっちに行きたい!」と思うのですが、
いざ、そっちに行くことを、本気で考えると、

粗末に扱う人とへ縁を切らないといけないし(自分を粗末に扱う人であっても、縁が切れるのは実はとっても淋しい。なぜならば孤独に耐えられないから)、、
仕事を転職しなきゃいけないし、
自分を変えなきゃいけないんです。


慣れ親しんだフィーリングが、例え「不幸な毎日」であったとしても、
人は、環境や自分を変えることに、何かしらの抵抗を感じるものです。







フルフィルメント瞑想は、
ティーチャーに伝授してもらった、空(くう)の意識場に、意識の波長を合わせる「マントラ(音)」と、その音を形にした「ヤントラ」を伝授いただきます。

で、あとは、30分を1日2回、瞑想するだけです。

瞑想方法は、
マントラを心の中で唱えて、ヤントラをイメージする。
あとは、手放して、マントラとヤントラに任せておけば、代謝が自動的に下がり(代謝が下がるということは、深い心身の休息状態に入るということです)、意識場は空に到達します。

30分経ったら、ゆっくり時間をかけて、空から出てくる。



そういう簡単な瞑想法です。


「マントラを唱えて、30分目を瞑るだけ」


たった、それだけのことなのに、伝授してもらって、半年はまともに瞑想を出来なかったわたしの、理由が今は分かります。



瞑想を始めると、人生が、変わり始めるからです。



f0337851_10394683.jpg



それを、どこかで、怖がっていたわたしがいたことは、今は分かります。



表面では、「変わりたい!変わりたい!」と言いながらも、
環境の変化や、自分が変わって行く・・・ということに、内面が抵抗をしていた・・・。
なぜならば、例え不幸であったとしても、「慣れ親しんだ感覚」から離れることは、
実は、とっても怖いことでもあるからなんです。








そんなこんなで、まともに瞑想し始めたのは、
ハートマントラを伝授してもらって、約半年ごろからだったと思います。

それでも1日2回は、私にはハードルが高く、
1日1回、頑張ってしてましたね。






つづく・・・・
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-07-02 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)