セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川かおるのブログです


by 長谷川 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

断食で運が良くなる理由



断食で運が良くなる理由



なぜ、断食をすると、「運がよくなる」のか。

人相学で有名な「水野南北」という人相見の方がおっしゃるには、

元々、運勢が悪い人相をしていても、小食の実践で、人相がよくなり、

運勢までもが、よくなることを、発見されました。

クライアントさんの断食中の体を触っているので分かるのですが、

断食によって、「細胞が開く」のです。

断食前の、ストレス一杯、カチカチの体は、触っていても、なかなかコミュニケーションが取れず(クライアントさんの体の細胞ちゃんと)、拒否されている感じがするのですが、

断食をして、体の毒素を出し、神経がリラックスするに従って、細胞が開き、ウェルカム!って、私を受け入れてくれているのが分かります。

その感じを察知して、「あ、今この人のランク(ステージ)が上がった」と、思うのです。

細胞が開くということは、心も、チャクラ(エネルギーのセンター)も、開いていると思うのです(見えたらいいのですが 笑、見えないので、そう思うということです)。

そして、必ず、その辺りで「人相」が変わります。

いかにも不健康そうで、具合の悪そうな方が、仏のような、優しいカパ(水体質)の表情になるのです。

人相がよくなるということは、脳もよくなっているのです。

脳と(正しくは、脳波)人の顔は繋がっています。

頭で、よからぬ事を考えていて、脳波が、ストレス一杯の「ベータ波」が長く続くと、

顔は老けますし、人相も悪くなります。

そして、内臓と顔も繋がっているのです。

顔を診れば、内臓の状態が、透けるように、手に取る様にわかる・・・というのが、東洋医学の「望診法」です。

・・・ということは、

断食をして、内蔵がよくなれば、脳波にも影響し、脳波がよくなれば、人相もよくなる・・・のです。

そして、人相がよくなると、運気が上昇します。

この三つが非常に運勢をよくすることに対して、重要で関連があります。

断食をすると、緊張が解け、カルマ(未消化のもの)が緩み、アーマ(毒)が排泄され、

体も心も、脳も、内臓もよくなり、人相に繁栄されます。

しかめっつらで、いかにも具合の悪そうな顔色して、人を拒絶しているような人より、

元気そうで、顔色がつやつやしていて、いつもオープンマインドで、裏表なく、気さくな人のほうが、

脳波もよく、運をひき寄せそうですよね(^^)。

そして、60兆の細胞ちゃんが「ウェルカム!!」って、開いていると、必ず運があがりますよ(^^)♪

断食って、すごいな、毒素を排泄させるのって、健康になるだけではなく、運気もあげてくれるんだな♪♪

確かに、酵素断食・浄化療法を体験された方は、人生が行き詰っていたのが、スーッと流れ、ブレイクスルーされる方がいます。

「こうでなければならない」って、がんじがらめになって、身動きとれなかった人が、断食で、体も心も緩んで、考え方も広くなり、おおらかになり、視野も広まって、色んな選択ができる様になります。

こだわりがなくなり(いい意味で)、自由な心が手にはいるのです。

そして、至福感がにじみ出てくるので、やはり、良い運をひき寄せるのでしょうね!
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2012-08-10 13:19 | 酵素断食・浄化療法 | Comments(0)