セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

それぞれの体質、風・火・水体質について…(体質診断)

それぞれの体質、風・火・水体質について…(体質診断)

チベット医学と、アーユルヴェーダの体質の分け方は同じです。

私は先にアーユルヴェーダを学んだのですが、アーユルヴェーダを勉強した後に、チベット医学を学んだので、随分入りやすかったです。

中医学だと、「陰陽」体質といって、大まかに二つの体質に分類します。もう少し細かく分けると、「木・火・土・金・水」といって、「五行」を使って5つに分類します。

アーユルやチベットでは、「風・火・水」という、三元素に分類します。

アーユルヴェーダでは、それぞれ「ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カ(水)」といい、聞いたことのある方もいらっしゃるかも知れませんね。

チベット医学では、「ルン(風)・ティパ(火)・ペーケン(水)」と呼びます。

二つだと大まかすぎ、5つだと細かすぎて難しすぎ、3つだと、素人さんにも分かりやすい分類で、一見難しそうに思えるアーユルやチベット医学も、入りやすいと思います。


では、自分の体質は、どれに分類されるのでしょうか?

「あやべ吉水酵素断食浄化療法」では、来所されてから最初に「体質チェック表」というものに記入していただいて、クライアントさんの体質を診ます。体質がわかれば、出るであろう酵素断食中の「好転反応」の予測が付くので、事前にアドバイスさせていただけます。

また、その方の今後発生しやすいお病気や、陥りやすい心の状態も分かるので、そうなる前に、気をつけることができます。

では、「風・火・水」体質の特徴を見てみましょう。



☆風体質(ルン・ヴァータ体質)

体格は痩せ型、目は小さい傾向にあり、皮膚は冷たく、乾燥肌、髪の毛もパサパサしています。

歯並びは悪く、大小不ぞろいのことが多いです。

筋肉質ではないので、手足の血管や靭帯が浮き出て見えます。

早口で、睡眠時間も少なくて済みます。

また、物事を率先して行うことが多いのですが、長続きしません。悪く言えば、信念が変わりやすく、飽きっぽい傾向があり、住所や仕事を変える事が多く、お金も浪費する人が多いです。

この体質の人は、バランスを崩すと、緊張性の頭痛や、腰痛などの体の痛みや、不眠症などになりやすい人です。心の面では、不安が強くなり、気分が変動しやすくなります。衝動的で、集中力が減弱したり、すぐに緊張してしまったり、記憶力が良くても、忘れっぽくなったり、怖がりで何事にも心配性になりがちです。また、空虚感をともたった抑鬱的症状を出すことがあります。

バランスが取れているときは、機敏で活発、傷の治りも早く、想像力が豊かで、好奇心が旺盛なのも、この体質の特徴です。新しい物や変化を好み、順応性が高く、さらに理解力がよく、記憶も早いです。



☆火体質(ティパ・ピッタ体質)

体格は、中肉中背で、スタイルがよく、皮膚は暖かくて黄色みがかってます。

髪も細くて柔らかで、筋肉も柔軟で手指が反り返ります。

元来、熱が体内に多いため、寒さに強いが、暑さに弱く、汗をかきやすい人です。

めったに便秘をすることがありません。むしろ、下痢をすることが多くあります。

目つきは知性を象徴して鋭く、闘志や敵対心にあふれています。また、見た目を誇示する傾向があり、高級品を好みます。

この体質の人は、バランスを崩すと、肉体的には異常に汗っかきにになり、皮膚が弱く、赤い湿疹や蕁麻疹などができてきます。

肝臓や胆のう、胃腸の病気を発症して、胸焼けがしやすくなります。また、すぐに目が充血します。

口臭や体臭、若白髪が目立つようになります。

病気では、肝疾患や、胃・十二指腸潰瘍、心疾患、アルコール依存症、皮膚病になりやすい人です。

心の面では、怒りっぽくなったり、何かと批判的、喧嘩っ早くなったり、あるいは完璧主義に走って、敵を作ってしまったりする傾向にあります。

バランスが取れているときは、情熱的で知的です。勇敢で機転がきいています。チャレンジ精神が旺盛で、集中力も高く、話や行動に無駄がなく、リーダーに最適な人です。



☆水体質(ペーケン・カパ体質)

体格は非常によく、肉体労働や運動によく耐えることができます。

瞬発力はありませんが、体力や持久力があります。

目が大きく、まつげも長く、髪も黒くて艶があり、白髪があまりありません。

歯が大きく、歯並びが綺麗なのが特徴です。

皮膚は白色で冷たくて湿っていますが、滑らかです。そのため、皮膚の血管は埋もれてしまって、はっきり見えません。

どこでも、ぐっすり眠れます。動作や話し方は、遅くて落ち着いています。

物覚えは早くありませんが、いったん覚えたものは忘れません。

何事も蓄積する性格なので、お金などを貯めるのが上手です。

この体質の人がバランスを崩すと、だるさや眠気を訴えます。また、すぐに肥満になります。

口内が甘ったるくなり、痰が多くなります。

病気では、アレルギー性鼻炎や、鼻水・鼻づまりに悩まされることが多く、気管支炎や喘息を含めた、気管支疾患にかかりやすい人です。

また、湿気に弱く、関節炎の異常をおこしやすくなります。

心の面では、物事にこだわることが多くなり、執念深くなります。また、思考が鈍くなって、大雑把になります。さらに、行動する意欲がなくなって、抑鬱状態になることもあります。

また、独善的になって、根に持つことが多くなります。保守的な面も、欠点として現れてきます。

バランスが取れているときは、慈悲深く、献身的で、穏やかさと寛大さに溢れてきます。情にもろく、波風が立たないことを好みます。

心が落ち着いており、辛抱強く、着実に物事をやり遂げる人です。



・・・どうでしたか?自分はこれだな、とか、思い当たるものがあったと思います。

体質は複合的なものなので、どれも少しずつあてはまるなぁ、とか、基本は風体質だけど、水も少しあるなぁ、とか、あったと思います。

幼少期は水だったけど、今は火だなぁ、とか、体質も環境によって変化をしますが、基本的に一番当てはまるものが多かったものを、その人の体質とします。



そして、アーユルヴェーダでは、その人の本来の体質の様に生きるのが良いとされています。

本当はおっとり、のんびり、人の面倒見がよく、縁の下の力持ち・・・の「水体質」で生まれてきたのに、会社の中でリーダーシップを取らなくてはいけない状況になって、数字に追われる仕事を長年やっていると、「火体質」が強くなり、体の症状も、「火体質」の症状が出る様になってきたりします。



断食では、本来の体質以外にくっつけているエネルギー(ドーシャ)を体の外に出し、その人の本来の体質(プラクリティ)に近づけていきます。

すなわち、本来の自分に戻ると、体も心もストレスが減り、生きるのが楽になって、自分の才能も最大限に発揮できるのです。



カパ犬「うみちゃん」↓・・・のんびり、ゆったり、癒し犬、決して人に噛み付かず、争いを好まず、吉水の縁の下の力持ち的存在・・・(笑)
f0337851_13145218.jpg

[PR]
by kaoru-hasegawa | 2012-05-01 13:14 | 酵素断食・浄化療法 | Comments(0)